インナードライだとニキビはできやすくなる?

ニキビにも思春期ニキビと大人ニキビがあって、その原因は異なります。

 

インナードライとニキビでお悩みということは、おそらく大人ニキビだという場合が多いはずなので、今回は「インナードライと大人ニキビ」について考えてみたいと思います。

ニキビ

まず、大人ニキビができてしまう原因ですが、思春期ニキビのように「ホルモンの分泌の乱れ」ではなく

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 生活環境

などが挙げられます。

 

そして、インナードライによって毛穴の角質が肥厚(ひあつ)化したりしてしまい、外部刺激も受けやすくなってしまうのです。

体の内側から大人ニキビができる→インナードライによって外部刺激を受けやすくなる→ニキビが治りにくい

こういった悪循環を招いてしまうのですね。

 

解決策としては

 

バランスのとれた食生活

 

皮膚はタンパク質と鉄分、ビタミンCで作られますので、これらの栄養素をしっかりとりましょう。

 

十分な睡眠

 

疲れがたまっていては代謝もきちんと行われません。休息や睡眠はきちんととるようにしましょう。

 

適度な運動・体温アップ

 

運動することで血流をよくするのと同時に、代謝アップも期待できます。

 

筋肉量が増えると体温もあがり免疫力もアップしますので、肌の調子もよくなっていきます。

 

保湿

 

そしてやはりスキンケアは保湿がメインです。

 

余分な脂分を落とし過ぎないことと、水分をたっぷり補充してあげることが必須条件です。

 

化粧水は必ず使い、そのあとはクリームなどでセラミド等保水成分を補給してあげる方法も効果的です。

 

大人ニキビは上記のようなことをするだけで、比較的すぐ収まってくれます。

 

ただ、気を抜くとまた現れますので、日頃から規則正しい生活と保湿をこころがけるようにして、大人ニキビがでないようにしましょう。

 

インナードライ改善にも役立つことばかりですので、ぜひ実践してみてください。